畑日誌 ’13/8/11

黒豆、芯止め、トマトの手当などを行いました。

黒豆

1

双葉 (最初の葉 最初の葉 )、それ以外は本葉

2

芯止め(本葉5~10枚くらいで)

3

芯止め : 植物の幹や茎の先端にある、頂芽(ちょうが)の成長点を取り除くこと。こうすることで栄養分が葉、側芽、果実に回るようになる。(ピンチ、摘心、摘芯ともいう)

頂芽 : 幹や茎の先端にある芽のこと。葉の付け根や幹の途中から出てくる側芽よりも生育が旺盛である。頂芽は植物の成長を促す食物ホルモンのオーキシンを分泌しており、その物質が側芽の成長を抑えている。頂芽を詰むとオーキシンが減少して、側芽が勢い良く成長し始める。

移植する方法

4

移植穴を掘る

水をたっぷり入れる

水をたっぷり入れる

泥沼を作る

泥沼を作る

移植

移植

一週間ほどは水をやらなくてもOK。成長して風で揺れるようになったら土寄せ。芽が出る部分の下まで土寄せ。

個人畑巡回

紫蘇の芯止め

紫蘇の芯止め

トマト(中):1本仕立て

トマト(中):1本仕立て

8の字に縛る(誘引) 茎が傷つかないようにゆとりを持たせる

8の字に縛る(誘引)
茎が傷つかないようにゆとりを持たせる

赤いのは農家用

赤いのは農家用

葉の縮れ=肥料過多

葉の縮れ=肥料過多

なので念のため2本仕立て

なので念のため2本仕立て

10-1 12-1

脇芽を摘み取る(左図)。→大きく育ち、日当たり、風通しが良くなり、病害虫発声の予防になる。
背が高くなったら芯止め(右図)。花房の数が4~5段が目安。

モロヘイヤ芯止め

モロヘイヤ芯止め

ミニトマト:放任!

ミニトマト:放任!

太陽熱処理

農薬の代わり、蒸し焼きにして、草の種を発芽させて、暑さで死滅させる。

10年ぶりに耕す

10年ぶりに耕す

平にして肥料を混ぜて土をまく

平にして肥料を混ぜて土をまく

水汲みリレー

水汲みリレー

たっぷりの水

たっぷりの水

ビニールシートで覆う。(60~70度で悪い菌は死滅。)

ビニールシートで覆う。(60~70度で悪い菌は死滅。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">